WORK FLOW-04(material select)

昨年末に手掛けさせて頂いた『 House in Kiyosu 』が竣工しました。
工事途中をブログで紹介したい思いはありましたが、
日々の業務に追われ、ブログ更新をできておりませんでした。

この住宅の工事の過程を一部ですが、
イクスデザインの仕事の進め方としてここに綴られせてもらいたいと思います。

今回はタイトルのマテリアルセレクト、仕上げ材の選定について少しご説明します。
新築住宅を一軒建てるのには、様々な仕上げ材を選定します。
外壁材、床材、壁材や建具、家具などにもどんな材料を使用するか、
多様な種類になります。
その中でも自然の材料を扱う場合が特に気を使います。
図面の表記だけでは表現できないからです。

House in Kiyosuで使用した材料に『米杉(レッドシダー)』という材料があります。
今回は天井材、建具にその羽目板を使用しております。

House in Kiyosu / iks design
House in Kiyosu / iks design

House in Kiyosu / iks design
House in Kiyosu / iks design

色ムラがり、最近は特に材質の安定が難しくなってきている材料ですが、
とても質感があり、和テイスト、洋テイストどちらにも合うイクスデザインでは住宅でよく使用する材料です。

当初、工務店の方からサンプルを用意し頂いていたのですが、
なかなか良い材料が手に入らず、方々問い合わせをし、良質な材料を探しもとめました。

浜松の材木加工工場へ確認にいったりもしました。

米杉
米杉

最終的には愛知県の材木屋さんで見つけることができました。
最後はお施主さんにも材木屋さんへ同行していただき、ご確認をとり発注となりました。
米杉
米杉

米杉
米杉

写真にもあるように一枚ずつに色ムラや時には一枚の中に赤味と白味が混じりあうこともあり、
さらに柾目、板目と木目の違いもあります。

米杉
米杉

イクスデザインが考えるレッドシダーの綺麗なものは直線が美しい柾目と思っています。
お施主さんにも過去の実例を見て頂き、採用が決定している材料なので、
提案とかけ離れたものを採用するわけにはいきません。
こちらが提案の際に使用した『 House in Okayama 』の写真になります。
この時も、LDKと玄関廻りで色味を調整しています。
House in Okayama / iks design
House in Okayama / iks design
House in Okayama / iks design
House in Okayama / iks design

とは言っても、購入した材料の中でも多少の色ムラがあります。
現場に搬入された材料を開梱した状態です。

米杉
米杉

これを最良の見せ方をする為に、現場に搬入されたレッドシダーの羽目板を一枚一枚選り分けていきました。
貼る箇所毎に色の近いものを集めます。
隣接する箇所、扉の表裏毎に分けていきます。

米杉
米杉

貼られた直後の写真、こだわって良かったと実感し、お施主さんにも喜んでいただけました。

米杉
米杉
米杉
米杉

こうしたこだわりに付き合って下さった現場監督、大工さんには本当に感謝しかありません。

完成してしまうと当たり前のようになってしまいますが、
ひとつひとつ手間は掛かりますが、少しでも良い空間となるよう心がけております。

過去にもいくつかの仕事の進め方を綴っています。
良ければご覧ください。

ディテールについて WORK FLOW-03(DETAIL)
ビフォア/アフター(インテリアデザイン) WORK FLOW-02(BEFORE AFTER)
プランの進め方(インテリアデザイン) WORK FLOW-01

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – CERAMICS PARK MINO-02

岐阜県多治見市にある岐阜県現代陶芸美術館で開催されている、
marimekko SPIRIT 』と『 フィンランド陶芸 』の展示会へ行って来ました。

前回訪れた『 デンマーク・デザイン 』といいデザイン好きの人にはとても良い展覧会を開催してくれる美術館ですね。

それにしても駐車場からのアクセスがかなり距離があります。
ワクワクもしますが、慣れると長すぎる感じもします。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

やはり長い。。。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

写真を撮れるのは『marimekko SPIRIT』のみだったのですが、
個人的には『フィンランド陶芸』の方に興味があり、コレクションの素晴らしさに驚嘆しました。
ARABIAの作家による作品はとても素晴らしい陶芸でした。
最近は日本の作家さんの器ばかり購入していますが、
北欧の器もやはり良いですね。

マリメッコの展示は生地の柄を活かした、カラフルで楽しくなる展示でした。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

作家さんのアイデアスケッチなども展示されていたので、とても興味深かったです。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

茶室があるとは聞いていましたが、これほどまでカラフルな茶室とは思いませんでした。
茶室の概念を壊す勢いです。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

ですが中に入るとちょっと目が痛くなる柄ですね。。。
marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

展示を見た後は、やはり建物を見てしまいます。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

何も考えずに撮った写真が前回とほぼ同じアングルでした。
個人的にはこの見え方が気に入っています。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

緑に囲まれた茶室廻りと水盤の石がやはり迫力あって良いですね。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

良い建物は何度来ても良いですね。リフレッシュさせてもらいました。
また良い展覧会があるのを楽しみに。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

本年も宜しくお願い申し上げます 2019年

あけましておめでとうございます。
昨年は多くの現場や設計の機会に恵まれ、慌ただしくもあり充実した一年でした。
今年も様々な計画と共にお施主様、社会への貢献が出来ればと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

イクスデザイン 小林正和
Exif_JPEG_PICTURE
名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – SHIGA Prefecture – 02

前回からの滋賀の建物探訪。
二日目は藤森照信氏設計の 『ラ・コリーナ近江八幡』 へ。
前日の緊張感ある建物とは打って変わって、
直線がほとんどなく、自然の曲線を活かした建物。
ジブリの建物かと思うほどの屋根一面と周りの植栽。その後ろに見える山々の緑。
自然を愛している建築だなと実感。

ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信
ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信

ミケーレ・デ・ルッキ氏も監修に入られているそう。
プリミティブな建築と自然の融合。言葉ではうまく言い表せれない建築。

列柱に支えられた深い軒先は佐川美術館と同じ要素でも、全く違うデザイン手法
前日の均一な建物群から人間の手の感触と自然の形状が残された建築。

ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信
ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信

ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信
ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信

事務所棟の銅板葺きが素晴らしい。

ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信
ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信

フードコート的な建物は設計者の違いもあって世界観は違っていますね。
ラ・コリーナ 近江八幡 / トネリコ
ラ・コリーナ 近江八幡 / トネリコ

まだまだ施設を増築している様なので、また緑の綺麗な季節に再訪してみたい。

途中、偶然通り掛かかり、きれいな建物だったので見学した『JINS彦根』
こちらも深い軒先が特徴的。

JINS彦根
JINS彦根

あえて軒樋をとらず、破風も作らずシンプルに軽やかに仕上げられた美しい屋根。
一部分の屋根を切り欠き、植木を入れることでただ深いだけの軒が柔らかいアプローチになっている。
JINS彦根
JINS彦根

内部も構造の特性をそのまま表した気持ち良い空間。
JINS彦根
JINS彦根

今回の視察で計ったわけではないが、
アプローチや軒先の重要さを改めて考えさせられる良いきっかけとなった。

その後は少し器を見に『季の雲』へ。
コンクリートの打放しに巨大な丸太の梁はとても存在感ある空間でした。

季の雲
季の雲

最後は少し岐阜へ寄り道をし、中村好文氏設計の 『cafe flandre』へ。

cafe flandre / 中村好文
cafe flandre / 中村好文

cafe flandre / 中村好文
cafe flandre / 中村好文

中村好文氏の建物と美術館の望月通陽氏によるサインや建物の装飾品の調和が素晴らしい。
手すり壁のRや格子の金物など、触りたくなるようなディテールが多く、
コーヒーカップも安藤雅信氏のものであったりと心地良いカフェでした。
cafe flandre / 中村好文
cafe flandre / 中村好文

二日間の小旅行、良い建築探訪が出来ました。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – SHIGA Prefecture – 01

先日、久しぶりに建築探訪。
今回は滋賀県の建物巡りへ。

まずはI.M.Pei設計の 『MIHO Museum』へ。
信楽の山の中にある美術館。
I.M.Peiはルーブル美術館のエントランスのガラスのピラミッドで有名ですが、
こちらは建物の大部分が山の中に埋まっており、
外部に出ている部分の圧巻なガラス屋根が特徴的。

まずは美術館までのアプローチのトンネル。
直線ではなくカーブしているので、
美術館やトンネルの出口が見えないことで、
到着するまでに高まる高揚感。
トンネル自体もステンレスのディテールが素晴らしい。
シャッターを切るばかりでなかなか前に進めない。

MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

トンネルを出ると、また圧巻な吊り橋が現れ、美術館までもう少しなのだが、
シャッターを切るばかりで、なかなか前に進めない。
見所が多い。
MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

やっと建物に到着し、エントランスをくぐったところに現れる雄大な松を臨むピクチャーウィンドウ。
そして圧巻のガラス屋根とそれを支える鉄骨フレームのディテールの素晴らしさに声も出ない。
茶道具の茶杓の企画展示も素晴らしかったのですが、結局建物ばかり見てしまう。

MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

続いて訪れたのは琵琶湖のほとりにある大きな切妻屋根が特徴的な
竹中工務店の設計施工による 『佐川美術館』と少し前に増築された『樂吉左衞門館』。
到着してエントランス付近にあるシンプルでストイックなバス停にまず目が奪われる。

佐川美術館 / 竹中工務店
佐川美術館 / 竹中工務店

エントランスをくぐると水盤に囲まれた美しい重なった二つの切妻屋根が現れ、
水際の列柱に支えられた深い軒先のアプローチを進むと高鳴る緊張感と高揚感。
佐川美術館 / 竹中工務店
佐川美術館 / 竹中工務店

佐川美術館 / 竹中工務店
佐川美術館 / 竹中工務店

佐川美術館 / 竹中工務店
佐川美術館 / 竹中工務店

“守破離”をテーマにした『樂吉左衞門館』は予約制で内部は撮影禁止なのですが、これは訪れる方は必見です。
大部分を水盤の下に埋め込み、アフリカジンバブエやバリの古材を利用した茶室や水の流れるコンクリートに囲まれた水露地。
写真は無いですが、これは体感しないと分からない空間だと思う。
撮影禁止にするのはそのためなのか。
とにかくまた来たいと思う空間。
今度はここでお茶を頂きたい。
樂吉左衞門館 / 竹中工務店
樂吉左衞門館 / 竹中工務店

樂吉左衞門館 / 竹中工務店
樂吉左衞門館 / 竹中工務店

そして翌日へ。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

Good bye 丸栄

6月末で名古屋の百貨店『丸栄』が75年の歴史に幕を下ろし、閉店するので最後に改めて拝見に。

丸栄 / 村野藤吾
丸栄 / 村野藤吾

巨匠建築家 村野藤吾 による設計の建物は日本建築学会賞を受賞した唯一の百貨店。
村野藤吾の建築は残念ながら日本各地で耐震性や老朽化を理由に取り壊されていますね。
数年前、名古屋都ホテルも解体されましたし。

個人的に好きな建築家でもあり、今までに箱根プリンスや高輪グランドプリンスなどのホテルに宿泊したり、
広島の世界平和記念聖堂なども見学に行っています。

丸栄の建物は均整の取られたリズミカルな縦ルーバーとスラブの水平ラインが印象的な外観。
そして、交差点のコーナー部の隅切りがデザインを切り替え、かつ建物の印象を柔らかくし、エントランスの顔を作っています。

丸栄 / 村野藤吾
丸栄 / 村野藤吾

また、西側にあるモザイクタイルの壁画も村野藤吾らしさがでています。
丸栄 / 村野藤吾
丸栄 / 村野藤吾

残念ながら内部は村野建築らしさはなかなか伺えない状態です。
東郷青児が描いたエレベーターは今は動いていませんでしたが、見ることはできました。
丸栄 / 東郷青児
丸栄 / 東郷青児

重厚感ある大理石を使用した階段は最近の建物では見られなくなってきていますね。
こういうデザインを見ると何だかほっとします。
丸栄 / 村野藤吾
丸栄 / 村野藤吾

館内では丸栄の歴史を展示も行われており、当時の活気や時代を感じることができました。
丸栄 / 村野藤吾
丸栄 / 村野藤吾

また歴史ある名建築が失われるのは残念です。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

上棟:House in Kiyosu

先週、『清須の家』が無事に上棟しました。
梅雨の中、晴天に恵まれ、熟練の大工さんたちによって軽やかに組み上げられました。

House in Kiyosu
House in Kiyosu

自分よりも年上の大工さんたちの身軽さにいつもながら脱帽です。
House in Kiyosu
House in Kiyosu

設計したものが、大きく形になる瞬間は喜びと同時にかなりの緊張があります。
今回は2台のビルトインガレージがあるため、構造材も大きな集成材の梁を使用したり、
納まりの関係上、一般的には105角の柱を使うのですが、部分的に大きな柱を使用したりしています。
そのため、棟上げまでに、現場監督や構造設計事務所と何度も協議を重ね、この日に至りました。
House in Kiyosu
House in Kiyosu

鉄骨階段も取り付けられ、工事はこれから雨仕舞い、造作等、どんどんと進んでいきます。
またこちらで紹介できたらと思っています。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – Ceramics Park Mino

先日、岐阜県多治見市にある岐阜県現代陶芸美術館で行われていた、
『デンマーク・デザイン』を見てきました。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

勤め時代からデンマークの家具や建築、デザインには深く携わってきていました。
ここ最近、また北欧家具や建築に対する想いが再燃しつつあり、改めて北欧を感じるには良い機会でした。
Denmark Design / Modern Ceramic Art, Gifu
Denmark Design / Modern Ceramic Art, Gifu

展示のメインはHans J.WegnerやBorge Mogensen,Poul Kjaerholm、Arne Jacobsenなどの巨匠のアンティーク家具やプロダクトでしたが、近代のプロダクトまで広い範囲での展示だったのが、知らないデザインまで体験でき、改めてデンマークデザインのレベルの高さを実感できました。
Denmark Design / Modern Ceramic Art, Gifu
Denmark Design / Modern Ceramic Art, Gifu

展示の中には個人的に所有しているものもいくつかあると、なんだか嬉しいですね。
テンションあがった展示でしたが、土曜にも関わらず、ほぼ貸切状態だったのは、
嬉しいのやら、悲しいのやら。
本気で北欧デザインを好きな人の人口の少なさを実感。。。

展示の後は、建物『セラミックパークMINO』をじっくりと見学してきました。
巨匠“磯崎新”氏による設計の建物は並進振子免震システムによる天井から吊り下げられた展示室がダイナミックに感じられる空間は圧巻でした。

また、自然の中に埋もれたような建物は人工的な建物にいながら、
自然を心地よく感じられる素晴らしい建物。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

茶室が使用されていないのか、見れなかったのが少し残念。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

また多治見に来た時はゆっくり訪れたい建物です。
良いリフレッシュになりました。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – Fuji bunka kindergarten

先日、名古屋市に竣工した手塚建築研究所が手掛けられた、富士文化幼稚園の見学会へ参加してきました。

富士文化幼稚園 / Tezuka Architects
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects

手塚建築研究所は独創的な発想で、
園児が遊びたくなる様な、走りたくなる様な、
そんな幼稚園をたくさん手掛けられています。

手塚さんの建築を実際に見るのは初めてでしたので、今回は名古屋ということもあり、
非常に良い機会でした。

富士文化幼稚園 / Tezuka Architects
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects

広大な敷地にも恵まれ、とても開放的な建物。
大きな建物の中に部屋があるのではなく、いくつもの部屋(教室など)が点在していて、
移動するのには必ず一度屋外に出るプラン。トイレもほぼ半屋外状態。
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects

屋根のない箇所には、わざと水たまりを作り、子供達が楽しめたりもします。
その移動通路が遊び場にもなり、止まることなく子供達が走り回れるようになっています。
これは手塚さんの代表作、屋根の上を走り廻れる『ふじようちえん』の構成が進化したようプランでした。
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects

富士文化幼稚園 / Tezuka Architects
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects

広々とした2階のテラスは1階からの植木の緑が見えたり、
園庭へ滑り台で降りれたり、
庇の下にブランコがあったりと、
子供が楽しめる工夫が随所に詰まっていました。
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects

見学会では手塚貴晴さんの講演会もあり、聴講させていただきました。
即興で演奏されたピアノの腕前も素晴らしかったですが、
講演で『ふじようちえん』を手掛けたことによって、
日本の幼稚園の建設に関する法律を変えるまでに至った経緯は
とても聴いていて驚かされました。
また、一般的な幼稚園児が幼稚園で1日に移動する距離が800mなのに対し、
『ふじようちえん』では4kmも1日で走り回るようです。
これを毎日過ごした子どもたちの将来どんなことになるのかとても興味あります。

こうして同業の最前線で活躍される方の建物を直に見学させて頂くのは、
とても刺激になり、リフレッシュできた良い機会になりました。

富士文化幼稚園 / Tezuka Architects
富士文化幼稚園 / Tezuka Architects

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ANREALAGE EXHIBITION “A LIGHT UN LIGHT”

名古屋パルコギャラリーで行なわれている ANREALAGE EXHIBITION “A LIGHT UN LIGHT”へ行ってきました。
普段はほとんど建築系の展覧会へ行ってばかりで、おそらくここでも書いた POUL SMITH以来です。

アンリアレイジの服を着てはいませんが、
音楽や視覚的効果を用いたコレクションの発表などをメディアで目にすることがあって、
今回は楽しみにしていました。

ANREALAGE EXHIBITION
ANREALAGE EXHIBITION

最初の展示から『洋服』の概念を変えられた展示でした。
光に反応して発色する色素を使い、プログラムされた光を当てることで柄や文字が浮かび出すという服。

ANREALAGE EXHIBITION
ANREALAGE EXHIBITION

コレクションの映像インタビューでも語られていた、「光と影」の切っても切れない関係を現した“SHADOW”
こちらも一度見るだけでは光の効果なのか生地の織りなのかがよく分からない不思議な服。

ANREALAGE EXHIBITION
ANREALAGE EXHIBITION

肉眼でみると白い服が、カメラのフラッシュをあてて撮影した写真に写すと柄が出ている“REFLECTOR DRESS”
カメラを通してでしか見れない想像を絶するアイデアと最先端の技術の融合でした。
展示もiPhoneを使用して、視覚的に楽しみながら理解できる演出。
ANREALAGE EXHIBITION
ANREALAGE EXHIBITION

ANREALAGE EXHIBITION
ANREALAGE EXHIBITION

そして、最後の展示は円の中を光が動いて服を照らすと、見る角度によって色が変わって見える“PRISM”

その他の展示もライゾマティクスリサーチのインタラクションにサカナクション山口一郎氏のサウンドディレクションも相まって、どれも素晴らしいコレクションの数々でした。

森永さんの様に概念を超えて新しいチャレンジをすることで世の中は進化していくんだろうなと痛感。
10年後にはこれが当たり前になっいるのかな。
でもそうなったら着こなす自身は全くないな・・・。

写真では伝わりきらない世界観と表現です。
実際に見てみないとわからないです。
会期は6/10までともう少しですが、気になっている方は是非。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp