WORK FLOW-02(before after)

以前のブログで説明させて頂いた、イクスデザインの仕事の進め方『WORK FLOW-01』の様に今回も仕事の中のお話を少しだけですが、紹介させてもらいます。

今回は『before after』(ビフォーアフター)についてご紹介を。

店舗のインテリアデザインをする際の外観のビフォーアフターについて。
テナントに店舗として既存の建物にお店を作る場合、
ビル側の条件やコスト面で既存の外壁やサッシを使いながら、お店の外観をなるべく壊さずに作っていくことが多くあります。

まずは『ba sho hair』を例に。
店舗用地は幹線道路沿いの建物前に大きな駐車場があり、比較的奥まった位置にある建物に同じような外観の3件のテナントが入る物件でした。

ba sho hair / before 01
ba sho hair / before 01

ba sho hair / before 02
ba sho hair / before 02

ここで提案させて頂いたのが、既存のサッシに装飾された腰パネルを取り付け、塗装を変えることで、お店の世界観を演出する案でした。
インテリアのコンセプトがアンティーク調であったため、その要素を外観でも表現していきました。

ba sho hair / CG 01
ba sho hair / CG 01

そして前面道路からの視認性を意識しながら過度な看板にならない様にテントを取りつけ、そこに店名サインを入れるデザインとしました。
合わせて、提案時のCGで他の建物との見え方を検討しながら、テントの色やロゴのデザインも検討し、クライアントと打ち合わせを重ねていきました。

ba sho hair / CG 02
ba sho hair / CG 02

ba sho hair / CG 03
ba sho hair / CG 03

また、エントランスの床面に貼られていた磁器質タイルをモザイク状の大理石に張り替えたり、ドアハンドルを真鍮製の物に変えることでお店へ入る際に高揚感が高まる演出を施しています。
こちらが完成した写真になります。

ba sho hair / after 01
ba sho hair / after 01

ba sho hair / after 02
ba sho hair / after 02

次の事例です。
最近、完成した『bistro La vie』
こちらも3階建てののテナントビルの1階に位置している物件です。

Bistro La vie / before 01
Bistro La vie / before 01

こちらはビル側からの要望で外壁を傷つけないような装飾という条件のなか、既存のサッシや外壁にパネルや格子状のフレームを取り付けることでお店の世界観を提案しました。
Bistro La vie / CG 01
Bistro La vie / CG 01

こちらが完成した写真になります。
正面のガラスが大きなFIXガラスだったのを格子を入れ、外から程よく見えにくくすることで、外部からも雰囲気を窺い知れながら、店内のお客は落ち着ける様に適度な開放感を演出しています。
Bistro La vie / after 02
Bistro La vie / after 02

Bistro La vie / after 01
Bistro La vie / after 01

室内側からも同じように装飾を施しています。
Bistro La vie / after 03
Bistro La vie / after 03

この2件の様に、既存の外観を利用しながら最大限の演出ができ、かつコストも抑えれる様に工夫してデザインを行っていっています。
答えはひとつでは無いですが、可能性を追求してクライアントやそこを訪れるお客さんが喜んでもらえる様な店舗造りを行っています。

ぜひ一緒に理想の店舗を創っていきましょう!

RECEPTION – bistro La vie

先日、手掛けさせて頂いた『bistro La vie』のレセプションへ行ってきました。

La vie
La vie

手掛けた空間で、美味しい料理とお酒を頂ける最高の夜でした。
料理もシェフ自ら作られたテリーヌやデザートもとても美味しかったです。
La vie
La vie

La vie
La vie

メインの料理ももちろん美味しかったですよ、写真は撮り忘れましたが。。

厨房の真ん中に作った円形の作業台を中心にオーナーの手際良く料理を作られる姿は
とても絵になっていました。

La vie
La vie

そして何よりお店の雰囲気も、お客さんが入りにぎやかな空気感がとても良い雰囲気でした。
La vie
La vie

オーナーをはじめ、お店の皆様ごちそうさまでした。
また改めてゆっくり伺わせて頂きます!

Bistro La vie (ビストロ ラヴィ)
名古屋市千種区高見2丁目7-10 池下ハクレイビル1F
TEL:052-734-7979
OPEN : 17:00〜24:00
CLOSE : Sunday

RECENT DAYS 2017-03

先日、氏社でとり行われた稲荷の幟の交換奉納へ参加してきました。
天気は生憎の雨でしたが雨に濡れた鳥居も風情があって良かったです。
R0023383
この祭典に参加するのもこれで3年目。
おそらく、参拝者の中で一番年下の様です。

こうして今年も無事に奉納出来き、この街に居ることが出来ることに感謝。
R0023386

WORK FLOW-01

最近、初めてお会いする方や、これからデザインをさせていただく方にどのようにお店や空間を作っていくかということを聞かれる機会が何度かあったので、
ここでいくつかを紹介させて頂きます。

すべての計画に当てはまるわけでは無いですが、代表的な進め方として。

まず初めてお会いさせていただく場合は
お店や家に対しての思いや夢、大事にしたいこと、機能などの要望をヒアリングさせて頂きます。
スクラップブックを持たれる方もいれば、ほとんど白紙の状態の方など千差満別です。
白紙の状態の方にはこちらから積極的に聞き出すようにさせてもらっています。

この段階で計画地や土地が決まって無い方などもおられます。

まずは計画地が決まっていない方の場合から。
ご要望をお聞きして、条件にあった場所を一緒に探していきます。
そして候補の場所が出てきたら、契約や申し込みをする前に、現地を調査させて頂いて
可能な場合は計画プランを提案させて頂きます。

例えば、美容院を計画される方の場合。
20坪のテナント用地が出てきたとして、
この空間にオーナーの思い描いた空間やチェア数が果たしてうまくレイアウト出来るかどうか。
といったことを不動産の契約や申し込みをする前に検討します。
R0018472
こんな状態ですとイメージが沸かないですよね。
そこで計画プランをもとに長所も短所も含めて、その物件が最適かどうかを相談させて頂きます。

この時は3パターンのプランを作って、オーナーと協議をして検討していきました。

PLAN
PLAN

そして、この場所で進めれるとなったり、もう場所が決まっている場合などは、
本格的に間取りやデザインのお話をさせて頂きます。
その際にイクスデザインではCG、平面図(間取り図)、素材の提案、時には模型によるプレゼンテーションを行います。

下記CGは最初の写真の計画の際に提案で使用したCGです。

cofta hair salon / CG 01
cofta hair salon / CG 01

cofta hair salon / CG 02
cofta hair salon / CG 02

図面だけでは分からない空間をCGで
画像では分からない質感を現物サンプルを用いてご提案させて頂きます。

Material
Material

提案は一度で決まる方もおられますが、こちらの提案を基に話し合い、ブラッシュアップしていく場合がほとんどです。
下記のCGは上から順にファーストプレゼンのCGから最終系CGまでの変遷です。
デザインの答えは決して一つではありません。
クライアントが納得してもらうまで、お互いに協議をしていきます。

BELLE FLEUR / CG 01
BELLE FLEUR / CG 01
BELLE FLEUR / CG 02
BELLE FLEUR / CG 02
BELLE FLEUR / CG 03
BELLE FLEUR / CG 03

その際にいつも心がけているのは決してデザイナーの独りよがりにならず、
かといってクライアントの要望を丸呑みするのでは無く、
デザイナーとして、納得できるものを提案していきます。

以前にこのブログでも書いたことがありますが、
勤め時代の事務所の所長が言っていた言葉で
『この家に自分が本気で住みたい』と言えるかどうか。
その気持ちを住宅でも店舗でも忘れずにデザインしています。

そんな過程を経て、先ほどのCGを基に施工をした後の実際の写真です。

cofta hair salon 01
cofta hair salon 01
cofta hair salon 02
cofta hair salon 02
BELLE FLEUR
BELLE FLEUR

CGや図面、説明だけでは表現しきれないのですが、なるべくクライアントとの相違が無い様、様々な手法を使って説明をさせてもらっています。

もし、どうやって進めたら良いか分からない場合でもお気軽にお問い合わせください。
一緒に理想の空間を創りましょう!

ホームページにてこういった仕事の進め方なども載せていく予定ですが、
それまでは今後もここを使ってイクスデザインの仕事の仕方などを綴っていけたらと思っています。

TAIWAN 2017-03

前回に続いて、台湾出張記二日目の後半、台中での様子を。
高鉄で台中につくと天気は雨。。。
夕方には止みそうな天気予報を信じて、お店まで移動。
移動の途中に巨匠建築家“Richard Meier”の現場を発見。
次回来た時には完成した建物をじっくり見てみたい。
TAIWAN-3-01

そして、台中市内の『Hand iin』のお店に到着。
竣工して初めて訪れましたが、やはり海外で手掛けた物件に来れたのは感慨深いものがありました。
しかし、そんな余韻にひたる余裕も無く撮影に取り掛かりました。
TAIWAN-3-02
普段、引き渡し後の竣工撮影は、撮影するために物を動かしたり、色々調整が必要なのですが、今回の台北、台中両店ともとても綺麗に使用してくださっていたので、ほとんど調整無く撮影が出来たのは助かりました。
そして、昼から夜の22時過ぎまで掛かりましたが撮影は無事に終了しました。

撮影の途中、クライアント夫婦が夕食へ連れて行ってくれました。
小籠包の有名店『鼎泰豐』へ。
TAIWAN-3-03
日本で言う、デパ地下のにある有名店だけあって、内装もしっかり作り込まれてました。
TAIWAN-3-04
もちろん、小籠包や他の料理も味は抜群でした!
TAIWAN-3-05

そして、翌朝7時半のシャトルバスに乗って空港へ。
今回、台湾バナナを食べていないことに気づき、コンビニで購入。
TAIWAN-3-06
今回もクライアント夫婦に頼ってばっかの滞在でした。
クライアント夫婦やお店のスタッフの協力で撮影もスムーズに行うことが出来、本当に助かりました。ありがとうございました!
そして、次回はしっかりと時間を取って、台湾へ旅行へ行けるよう頑張ります。

TAIWAN 2017-02

前回に続いて、台湾出張記二日目の様子を。
二日目は今回の目的の手掛けたお店の竣工撮影。

まず最初は台北の統一阪急百貨店に手掛けた『Hand iin』のPOP UP STOREからです。
ホテルから待ち合わせの百貨店へ行く最中。通勤ラッシュの台湾の原付バイクの迫力は凄かったです。
TAIWAN-2-01

そして朝9時にOPEN前の百貨店に入らせてもらい撮影。
自ら撮るのは初めての竣工撮影。
OPENまで時間は限られているので、慌てながら、立ち会ってもらったオーナーにも手伝っていただき何とか撮影をこなしました。
TAIWAN-2-02
その後少しだけ、近くの百貨店を見学。
若者向けの百貨店なので、台湾らしい伝統的な雰囲気をモダンに設えた内装の環境デザイン。
TAIWAN-2-03
店舗デザインはかなりレベルの高いデザインのお店もあり、
日本の有名店も何軒か入っていました。
TAIWAN-2-04
百貨店内の本屋さんは日本の書籍や雑誌が想像以上にたくさん並んでいました。
建築専門書も日本のものが充実していましたし、ヨーロッパのデザイン雑誌も名古屋の本屋とは比べものもならない程の充実ぶりに驚きました。
TAIWAN-2-05
この本屋の品揃えや店舗の内装デザインを見る限り、今後ますます台湾のデザインレベルは向上すると思います。あとは施工精度がどこまでそれに追いつくかでしょうね。

そして、短い台北滞在に名残り惜しさを感じながらクライアントと一路台中を目指しました。
台湾の新幹線(高鉄)に乗るため、メトロへ。
駅は日本の地下鉄駅とは比べものにならない吹き抜けの広いホーム。
駅の構内もとても綺麗でした。
TAIWAN-2-06
写真は『トークン』という切符の代わりになるコイン。再利用できるところが良いですね。
TAIWAN-2-07
メトロから新幹線(高鉄)へ。
こちらは日本製ということもあって、日本の新幹線とほとんど一緒です。
なので妙に落ち着きました。
TAIWAN-2-08
最後は台中での2年前に手掛けた『Hand iin』の路面店の撮影。
そちらの様子はまた次回。

TAIWAN 2017-01

先日、二泊三日で台湾へ行ってきました。
目的は昨年、台北の百貨店の中に手掛けた『Hand iin』の半年限定のPOP UP SHOPが2月末で終了するため、2年前に手掛けた同じく『Hand iin』の台中のSHOPと合わせて竣工撮影をするためです。
急遽決まったのと、ほぼ自由な時間が無いスケジュールだったので、色々と廻ることは出来ませんでしたが、台湾滞在の様子を何回かに分けて書かせてもらいます。

まずはセントレアから出発。
TAIWAN-1-01

台湾の空港に着いたのは夜。
自由に動けるのはこの日の夜だけなので、急いでホテルへチェックインしましたが、すでに21時。
TAIWAN-1-02

まずはホテル近くにあった、最近東京に出店して大人気のかき氷のお店『ICE MONSTER』へ。
日本からのお客さんも数組来ていました。
TAIWAN-1-03
日本よりも気温が高いので、何とか完食しましたが、一人で食べるのにはかなりの量でした。
ちなみにこの時期はメインのマンゴー果実は無いので、代わりにパイナップルを選んでトッピングです。
TAIWAN-1-04

その後は宿泊はしてないのですが、『W HOTEL』の様子を少しだけ視察。
ラグジュアリーホテルの代名詞ですが、ここはなんだかクラブのような雰囲気でした。
TAIWAN-1-05

そしてやはり台湾と言えば『夜市』へ。
平日だからか、少し人は少なめでしたが、外食が当たり前の台湾は多くの人が食べ物やタピオカジュースを持って歩いていました。
TAIWAN-1-06

遅めの夕食を夜市の一角にあった観光客らしき人は全くいない完全ローカルな食堂へ。
TAIWAN-1-07

オーダーは用紙に自分で記入して店員さんへ。
なんとか漢字の雰囲気で頼んでみました。
TAIWAN-1-08

炒飯と麺、そして青菜炒め。
麺は独特な味で日本のラーメンよりはかなりあっさりなスープでした。
TAIWAN-1-09

もう少し探索してみたかったですが、時間が遅く店も閉まり始めたのと、明日も朝が早いのでここでホテルへもどり今日は終了。
続きはまた次回。

RECENT DAYS 2017-02

遅くなったのですが、今年も伊勢神宮へ参拝してきました。
天気にも恵まれましたが、いつ来ても気持ち良くなれる環境です。

まずは外宮から。
ise jingu 01

外宮から内宮へ行く途中で最近OPENしたお店『DANDELION CHOCOLATE』へ。
東京のお店はまだ行ってませんが、ここは歴史ある既存建物の空間と新たな仕上げとが融合した素敵なお店でした。
チョコレートをベースにしたドリンクも美味しく、また伊勢に来る楽しみが増えました。
Dandelion 01

Dandelion 02

その後は内宮へ。
ise jingu 02

内宮の板塀のディテール、職人技が素晴らしいです。
ise jingu 03
毎年あげさせて頂いてる御神楽を今年も無事にあげることが出来ました。
ise jingu 04

ise jingu 05
日帰りでゆっくりは出来ませんでしたが、年明けからバタついていたので、良いリフレッシュになりました。

Exhibition of Paul Smith

久しぶりに建築以外の展覧会に行ってきました。
ポール・スミス展(HELLO MY NAME IS PAUL SMITH)

PAUL SMITH 01
PAUL SMITH 01

幼い頃から写真を撮り続けているポールにとって撮影した写真は日記のような感覚らしい。
額装された写真や様々な写真のアートウォール。
彼のオフィスやスタジオの再現。
どれも魅力的で見ていて楽しめました。
PAUL SMITH 02
PAUL SMITH 02

PAUL SMITH 03
PAUL SMITH 03

音声ガイドを聞いていて印象だった彼の言葉が
『人は見ているようで、実は見えていない』
『どんなものからもインスピレーションを得られる』

PAUL SMITH 04
PAUL SMITH 04

PAUL SMITH 05
PAUL SMITH 05

僕も普段からカバンにデジカメを常に入れて持ち歩いています。
現場の写真から、気になった建物やデザイン、料理。
きっと人3倍くらい写真を撮ってます。
数えたことないですが、年間数千枚は撮っています。

撮った写真を見直して撮ったことすら記憶にない写真もあったりします。
でもこの蓄積が今の自分を形成してくれています。

建築やデザインを一から作っているようでも、それは今まで見てきたことや経験を応用して出来ているものがほとんど。
オリジナルというけれど、そのほとんどはどこかに“起源”や“きっかけ”があるものだと思います。
僕もデザインを始める前には必ずインスピレーションを受ける写真などを集め、頭の中を整理し、組み立ててからデザインをします。

映画監督の黒澤明さんも著書の中で言っていました。
『誰かが言ってたと思うけど、創造というのは記憶ですね。自分の経験やいろんなものを読んで記憶に残っていたものが足がかりになって、何かが創れるんで、無から創造できるはずがない。』

もっと建築以外のものに普段から目を向けるようにしないとダメだなと感じた展覧会でした。

PAUL SMITH 06
PAUL SMITH 06

PAUL SMITH 07
PAUL SMITH 07
PAUL SMITH 08
PAUL SMITH 08

SUMMER HOLIDAY 2016

今年のお盆も岡山へ帰省しました。
車で帰省した昨年の大渋滞の反省を活かして今年は新幹線で。

御墓参りや諸々の用事を済ませ、時間を作り建物探訪してきました。

まずは岡山の設計事務所時代に一緒に働いていた後輩と近況報告会を。
場所は岡山駅周辺にある“CASE REAL”設計のイタリアンのお店『VIA PACE』へ。
以前にも来たことはあるのですが、良いお店には何度来ても良いですね。
シンプルに見せるためのディテールへのこだわりがひしひしと伝わってきます。
最近独立した後輩との話も盛り上がり、この日は遅くまではしごして語り合ってしまいました。

VIA PACE / CASE REAL
VIA PACE / CASE REAL

お店に行く途中に通った『西川緑道公園』。
駅前に流れる川に沿って緑に囲まれた素晴らしい環境の遊歩道。
幼少から見ていると当たり前に思っていました。。。
離れてみて分かることもあるんですね。
こうして定期的に訪れることができる事に感謝。
西川緑道公園
西川緑道公園

そして、1日時間をつくって訪れたのは岡山時代に何故か行けて無かった、瀬戸内国際芸術祭が開催中の犬島へ。
既存建物を活かし、アートと融合させて素晴らしい“三分一博志”さん設計の『犬島精錬所美術館』。内部の鏡と光を屈折だけで表現したアートは体感しないと分からないアート。印象的でした。
犬島精錬所美術館 / 三分一博志
犬島精錬所美術館 / 三分一博志

犬島精錬所美術館 / 三分一博志
犬島精錬所美術館 / 三分一博志

犬島精錬所美術館 / 三分一博志
犬島精錬所美術館 / 三分一博志

建物も要所要所にこだわりが詰まっていました。
犬島精錬所美術館 / 三分一博志
犬島精錬所美術館 / 三分一博志

犬島精錬所美術館 / 三分一博志
犬島精錬所美術館 / 三分一博志

その他の家プロジェクトも“妹島和世”さん設計の風景の中に溶け込んだ建物や町並みに突如現れるガラスの建物など、見て回って楽しめる、島全体がアートになっていました。
こちらもディテールや構造が想像を超えたものになってました。
A邸 / 妹島和世
A邸 / 妹島和世

F邸 / 妹島和世
F邸 / 妹島和世

S邸 / 妹島和世
S邸 / 妹島和世

島には工事中の建物もあったりして、しばらくしてからまた訪れたいですね。
そして豊島や他の島にも。
でも今度訪れるのは夏以外にします。
猛暑の中、汗だくで歩き回るのはちょっと無理がありました。。。

そして帰省の最後は行きつけの『ぴいぷる』でソフトヨーグルトを。
今回も岡山の街づくりについてトークしてきました。

ぴいぷる
ぴいぷる

短い休みでしたが良いリフレッシュになりました。