TAIWAN 2017-03

前回に続いて、台湾出張記二日目の後半、台中での様子を。
高鉄で台中につくと天気は雨。。。
夕方には止みそうな天気予報を信じて、お店まで移動。
移動の途中に巨匠建築家“Richard Meier”の現場を発見。
次回来た時には完成した建物をじっくり見てみたい。
TAIWAN-3-01

そして、台中市内の『Hand iin』のお店に到着。
竣工して初めて訪れましたが、やはり海外で手掛けた物件に来れたのは感慨深いものがありました。
しかし、そんな余韻にひたる余裕も無く撮影に取り掛かりました。
TAIWAN-3-02
普段、引き渡し後の竣工撮影は、撮影するために物を動かしたり、色々調整が必要なのですが、今回の台北、台中両店ともとても綺麗に使用してくださっていたので、ほとんど調整無く撮影が出来たのは助かりました。
そして、昼から夜の22時過ぎまで掛かりましたが撮影は無事に終了しました。

撮影の途中、クライアント夫婦が夕食へ連れて行ってくれました。
小籠包の有名店『鼎泰豐』へ。
TAIWAN-3-03
日本で言う、デパ地下のにある有名店だけあって、内装もしっかり作り込まれてました。
TAIWAN-3-04
もちろん、小籠包や他の料理も味は抜群でした!
TAIWAN-3-05

そして、翌朝7時半のシャトルバスに乗って空港へ。
今回、台湾バナナを食べていないことに気づき、コンビニで購入。
TAIWAN-3-06
今回もクライアント夫婦に頼ってばっかの滞在でした。
クライアント夫婦やお店のスタッフの協力で撮影もスムーズに行うことが出来、本当に助かりました。ありがとうございました!
そして、次回はしっかりと時間を取って、台湾へ旅行へ行けるよう頑張ります。