ARCHITECTURAL VISIT – CERAMICS PARK MINO-02

岐阜県多治見市にある岐阜県現代陶芸美術館で開催されている、
marimekko SPIRIT 』と『 フィンランド陶芸 』の展示会へ行って来ました。

前回訪れた『 デンマーク・デザイン 』といいデザイン好きの人にはとても良い展覧会を開催してくれる美術館ですね。

それにしても駐車場からのアクセスがかなり距離があります。
ワクワクもしますが、慣れると長すぎる感じもします。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

やはり長い。。。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

写真を撮れるのは『marimekko SPIRIT』のみだったのですが、
個人的には『フィンランド陶芸』の方に興味があり、コレクションの素晴らしさに驚嘆しました。
ARABIAの作家による作品はとても素晴らしい陶芸でした。
最近は日本の作家さんの器ばかり購入していますが、
北欧の器もやはり良いですね。

マリメッコの展示は生地の柄を活かした、カラフルで楽しくなる展示でした。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

作家さんのアイデアスケッチなども展示されていたので、とても興味深かったです。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

茶室があるとは聞いていましたが、これほどまでカラフルな茶室とは思いませんでした。
茶室の概念を壊す勢いです。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

ですが中に入るとちょっと目が痛くなる柄ですね。。。
marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

展示を見た後は、やはり建物を見てしまいます。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

何も考えずに撮った写真が前回とほぼ同じアングルでした。
個人的にはこの見え方が気に入っています。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

緑に囲まれた茶室廻りと水盤の石がやはり迫力あって良いですね。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

良い建物は何度来ても良いですね。リフレッシュさせてもらいました。
また良い展覧会があるのを楽しみに。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – SHIGA Prefecture – 02

前回からの滋賀の建物探訪。
二日目は藤森照信氏設計の 『ラ・コリーナ近江八幡』 へ。
前日の緊張感ある建物とは打って変わって、
直線がほとんどなく、自然の曲線を活かした建物。
ジブリの建物かと思うほどの屋根一面と周りの植栽。その後ろに見える山々の緑。
自然を愛している建築だなと実感。

ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信
ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信

ミケーレ・デ・ルッキ氏も監修に入られているそう。
プリミティブな建築と自然の融合。言葉ではうまく言い表せれない建築。

列柱に支えられた深い軒先は佐川美術館と同じ要素でも、全く違うデザイン手法
前日の均一な建物群から人間の手の感触と自然の形状が残された建築。

ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信
ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信

ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信
ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信

事務所棟の銅板葺きが素晴らしい。

ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信
ラ・コリーナ 近江八幡 / 藤森照信

フードコート的な建物は設計者の違いもあって世界観は違っていますね。
ラ・コリーナ 近江八幡 / トネリコ
ラ・コリーナ 近江八幡 / トネリコ

まだまだ施設を増築している様なので、また緑の綺麗な季節に再訪してみたい。

途中、偶然通り掛かかり、きれいな建物だったので見学した『JINS彦根』
こちらも深い軒先が特徴的。

JINS彦根
JINS彦根

あえて軒樋をとらず、破風も作らずシンプルに軽やかに仕上げられた美しい屋根。
一部分の屋根を切り欠き、植木を入れることでただ深いだけの軒が柔らかいアプローチになっている。
JINS彦根
JINS彦根

内部も構造の特性をそのまま表した気持ち良い空間。
JINS彦根
JINS彦根

今回の視察で計ったわけではないが、
アプローチや軒先の重要さを改めて考えさせられる良いきっかけとなった。

その後は少し器を見に『季の雲』へ。
コンクリートの打放しに巨大な丸太の梁はとても存在感ある空間でした。

季の雲
季の雲

最後は少し岐阜へ寄り道をし、中村好文氏設計の 『cafe flandre』へ。

cafe flandre / 中村好文
cafe flandre / 中村好文

cafe flandre / 中村好文
cafe flandre / 中村好文

中村好文氏の建物と美術館の望月通陽氏によるサインや建物の装飾品の調和が素晴らしい。
手すり壁のRや格子の金物など、触りたくなるようなディテールが多く、
コーヒーカップも安藤雅信氏のものであったりと心地良いカフェでした。
cafe flandre / 中村好文
cafe flandre / 中村好文

二日間の小旅行、良い建築探訪が出来ました。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – SHIGA Prefecture – 01

先日、久しぶりに建築探訪。
今回は滋賀県の建物巡りへ。

まずはI.M.Pei設計の 『MIHO Museum』へ。
信楽の山の中にある美術館。
I.M.Peiはルーブル美術館のエントランスのガラスのピラミッドで有名ですが、
こちらは建物の大部分が山の中に埋まっており、
外部に出ている部分の圧巻なガラス屋根が特徴的。

まずは美術館までのアプローチのトンネル。
直線ではなくカーブしているので、
美術館やトンネルの出口が見えないことで、
到着するまでに高まる高揚感。
トンネル自体もステンレスのディテールが素晴らしい。
シャッターを切るばかりでなかなか前に進めない。

MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

トンネルを出ると、また圧巻な吊り橋が現れ、美術館までもう少しなのだが、
シャッターを切るばかりで、なかなか前に進めない。
見所が多い。
MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

やっと建物に到着し、エントランスをくぐったところに現れる雄大な松を臨むピクチャーウィンドウ。
そして圧巻のガラス屋根とそれを支える鉄骨フレームのディテールの素晴らしさに声も出ない。
茶道具の茶杓の企画展示も素晴らしかったのですが、結局建物ばかり見てしまう。

MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

MIHO Museum / I.M.Pei
MIHO Museum / I.M.Pei

続いて訪れたのは琵琶湖のほとりにある大きな切妻屋根が特徴的な
竹中工務店の設計施工による 『佐川美術館』と少し前に増築された『樂吉左衞門館』。
到着してエントランス付近にあるシンプルでストイックなバス停にまず目が奪われる。

佐川美術館 / 竹中工務店
佐川美術館 / 竹中工務店

エントランスをくぐると水盤に囲まれた美しい重なった二つの切妻屋根が現れ、
水際の列柱に支えられた深い軒先のアプローチを進むと高鳴る緊張感と高揚感。
佐川美術館 / 竹中工務店
佐川美術館 / 竹中工務店

佐川美術館 / 竹中工務店
佐川美術館 / 竹中工務店

佐川美術館 / 竹中工務店
佐川美術館 / 竹中工務店

“守破離”をテーマにした『樂吉左衞門館』は予約制で内部は撮影禁止なのですが、これは訪れる方は必見です。
大部分を水盤の下に埋め込み、アフリカジンバブエやバリの古材を利用した茶室や水の流れるコンクリートに囲まれた水露地。
写真は無いですが、これは体感しないと分からない空間だと思う。
撮影禁止にするのはそのためなのか。
とにかくまた来たいと思う空間。
今度はここでお茶を頂きたい。
樂吉左衞門館 / 竹中工務店
樂吉左衞門館 / 竹中工務店

樂吉左衞門館 / 竹中工務店
樂吉左衞門館 / 竹中工務店

そして翌日へ。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – Ceramics Park Mino

先日、岐阜県多治見市にある岐阜県現代陶芸美術館で行われていた、
『デンマーク・デザイン』を見てきました。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

勤め時代からデンマークの家具や建築、デザインには深く携わってきていました。
ここ最近、また北欧家具や建築に対する想いが再燃しつつあり、改めて北欧を感じるには良い機会でした。
Denmark Design / Modern Ceramic Art, Gifu
Denmark Design / Modern Ceramic Art, Gifu

展示のメインはHans J.WegnerやBorge Mogensen,Poul Kjaerholm、Arne Jacobsenなどの巨匠のアンティーク家具やプロダクトでしたが、近代のプロダクトまで広い範囲での展示だったのが、知らないデザインまで体験でき、改めてデンマークデザインのレベルの高さを実感できました。
Denmark Design / Modern Ceramic Art, Gifu
Denmark Design / Modern Ceramic Art, Gifu

展示の中には個人的に所有しているものもいくつかあると、なんだか嬉しいですね。
テンションあがった展示でしたが、土曜にも関わらず、ほぼ貸切状態だったのは、
嬉しいのやら、悲しいのやら。
本気で北欧デザインを好きな人の人口の少なさを実感。。。

展示の後は、建物『セラミックパークMINO』をじっくりと見学してきました。
巨匠“磯崎新”氏による設計の建物は並進振子免震システムによる天井から吊り下げられた展示室がダイナミックに感じられる空間は圧巻でした。

また、自然の中に埋もれたような建物は人工的な建物にいながら、
自然を心地よく感じられる素晴らしい建物。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

茶室が使用されていないのか、見れなかったのが少し残念。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

また多治見に来た時はゆっくり訪れたい建物です。
良いリフレッシュになりました。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

Golden Week 2018

今年のゴールデンウィークも岡山に帰省してきました。
その合間に、豊島へ行ってきました。
急に決め、日帰りだったので、多くは廻れませんでしたが、幾つかに。

Teshima island
Teshima island

まず、島に着いてからすぐに、昼食を『海のレストラン』で。
ここは以前に岡山でも訪れたレストラン『Via Pace』の姉妹店で設計も同じCASE REALさん。
Umi no Restaurant / CASE REAL
Umi no Restaurant / CASE REAL

コンセプチャルな波板のアーチの軽快さ。
青空と海原、赤茶のコンクリートとのコントラスト。
とても心地よいレストランでした。
Umi no Restaurant / CASE REAL
Umi no Restaurant / CASE REAL

そして、そのすぐ横に最近完成した、一棟貸しのホテル『ウミトタ』を外からだけですが、少しだけ見させていただきました。
テキスタイルで人気の皆川明さんのディレクション、SIMPLICITYの緒方慎一郎さんが設計というすごいタッグによる作品。
螺鈿細⼯の外壁はミナ・ペルホネンのテキスタイルの様な独特のテクスチャーで、
時間が経過するとさらに良くなりそうな建築。
一度泊まって、じっくり体感してみたい、素敵な建物でした。
UMITOTA / SIMPLICITY
UMITOTA / SIMPLICITY

そして、メインは西沢立衛さん設計の『豊島美術館』です。
残念ながら、GWで来館者が多く、入館するのに2時間近く待たなければならなく、また帰りのフェリーの時間もあり、
何時間でもいられそうな素晴らしい空間に数分しか入ることができませんでした。
しかし、数分でもとても気持ち良く、また来たいと思える建物でした。
Teshima Museum / Ryue Nishizawa
Teshima Museum / Ryue Nishizawa

Teshima Museum / Ryue Nishizawa
Teshima Museum / Ryue Nishizawa

Teshima Museum / Ryue Nishizawa
Teshima Museum / Ryue Nishizawa

今回も建築の力を体感でき、リフレッシュできた休日でした。
Teshima island
Teshima island

豊島へのアクセスや島内で動き回る手段は限られており、もしこれから行かれる方は、
事前にしっかり計画されることをお勧めします。
特にGWなどの大型連休は。
基本、フェリーやバスは島内の住民の方が使われる前提なので、本数はとても少ないですし、
旅客船は乗れる人数も限られているので、早めにチケットを買わないと乗れない可能性もあります。
その日も、チケットが買えなかったり、1時間に1本のバスに乗れない方が多くおられたので。。。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

Golden Week at Okayama

久しぶりにGWに岡山に帰省してきました。

Okayama Station
Okayama Station

GWはここ数年必ずプレゼン制作に追われ休めていませんでしたが、今年は時間が取れたので
久しぶりにゆっくりと岡山の実家で過ごさせてもらいました。
R0024025-02
休暇中も自由な時間が出来ると、気になった建築を見に行くことしか頭にないのが問題ですが。。

今回のメインは岡山にいる頃からずっと実家のすぐ近くにあることは知っていたのですが、個人住宅のため場所が分からなかった妹島和世さん設計の住宅を改修した『S-House Museum』へ。

S-House Museum / 妹島和世
S-House Museum / 妹島和世

S-House Museum / 妹島和世
S-House Museum / 妹島和世

築20年経って施主から引き継がれた個人邸を美術館へコンバートして一般公開されています。
建物の外側を吹き抜けの回廊にして、外からのプライバシーを確保して光と風を取り入れる設計。
体感しないと分からない心地よさを感じられる建物でした。
S-House Museum / 妹島和世
S-House Museum / 妹島和世

S-House Museum / 妹島和世
S-House Museum / 妹島和世

展示も楽しかったのですが、建物ばかりを見てしまっていました。。。
美術館の方も丁寧に気さくに色々なことを教えてくださり、とても良い時間を過ごさせてもらえました。
こうした試みがずっと続き、広がっていくことを願います。
S-House Museum / 妹島和世
S-House Museum / 妹島和世

そして最近OPENしたSUPPOSE DESIGN OFFICEさんによる『FOOD PARK』へも。
ここはショッピングセンターの改修に伴い、フードコートを大々的に改修された模様。

FOOD PARK / SUPPOSE DESIGN OFFICE
FOOD PARK / SUPPOSE DESIGN OFFICE

名古屋でも最近話題になっている蔦屋の『草叢BOOKS』とデザインの方向性は似ていましたね。
どちらも下地材をの木材(FOOD PARKは針葉樹合板、草叢BOOKSはラワン合板)を上手に使用したインテリア。
ランダムに乱立する鉄骨の柱と緑の樹木(フェイクグリーン)が心地良い空間を作り出していました。
FOOD PARK / SUPPOSE DESIGN OFFICE
FOOD PARK / SUPPOSE DESIGN OFFICE

最後は少しですが、岡山の再開発された街として有名な卸センター周辺も少しだけ見て回り、
岡山で勤めているときはよくお世話になっていた隈研吾さんの『Kitchen House』さんへも外からだけですが。

Kitchen House / 隈研吾
Kitchen House / 隈研吾

今回は合間を縫っての建物探訪しか出来ませんでしたが、勤め時代の先輩や施工でお世話になっていた方々と久しぶりにお酒を飲めたりも出来、互いに時間の経過や現況を確認でき良い時間を過ごさせてもらいました。お会いして頂いた方々、ありがとうございました。

もちろん『ぴいぷる』でソフトヨーグルトも頂いてきました。

ぴいぷる
ぴいぷる

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

TAIWAN 2017-03

前回に続いて、台湾出張記二日目の後半、台中での様子を。
高鉄で台中につくと天気は雨。。。
夕方には止みそうな天気予報を信じて、お店まで移動。
移動の途中に巨匠建築家“Richard Meier”の現場を発見。
次回来た時には完成した建物をじっくり見てみたい。
TAIWAN-3-01

そして、台中市内の『Hand iin』のお店に到着。
竣工して初めて訪れましたが、やはり海外で手掛けた物件に来れたのは感慨深いものがありました。
しかし、そんな余韻にひたる余裕も無く撮影に取り掛かりました。
TAIWAN-3-02
普段、引き渡し後の竣工撮影は、撮影するために物を動かしたり、色々調整が必要なのですが、今回の台北、台中両店ともとても綺麗に使用してくださっていたので、ほとんど調整無く撮影が出来たのは助かりました。
そして、昼から夜の22時過ぎまで掛かりましたが撮影は無事に終了しました。

撮影の途中、クライアント夫婦が夕食へ連れて行ってくれました。
小籠包の有名店『鼎泰豐』へ。
TAIWAN-3-03
日本で言う、デパ地下のにある有名店だけあって、内装もしっかり作り込まれてました。
TAIWAN-3-04
もちろん、小籠包や他の料理も味は抜群でした!
TAIWAN-3-05

そして、翌朝7時半のシャトルバスに乗って空港へ。
今回、台湾バナナを食べていないことに気づき、コンビニで購入。
TAIWAN-3-06
今回もクライアント夫婦に頼ってばっかの滞在でした。
クライアント夫婦やお店のスタッフの協力で撮影もスムーズに行うことが出来、本当に助かりました。ありがとうございました!
そして、次回はしっかりと時間を取って、台湾へ旅行へ行けるよう頑張ります。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

TAIWAN 2017-02

前回に続いて、台湾出張記二日目の様子を。
二日目は今回の目的の手掛けたお店の竣工撮影。

まず最初は台北の統一阪急百貨店に手掛けた『Hand iin』のPOP UP STOREからです。
ホテルから待ち合わせの百貨店へ行く最中。通勤ラッシュの台湾の原付バイクの迫力は凄かったです。
TAIWAN-2-01

そして朝9時にOPEN前の百貨店に入らせてもらい撮影。
自ら撮るのは初めての竣工撮影。
OPENまで時間は限られているので、慌てながら、立ち会ってもらったオーナーにも手伝っていただき何とか撮影をこなしました。
TAIWAN-2-02
その後少しだけ、近くの百貨店を見学。
若者向けの百貨店なので、台湾らしい伝統的な雰囲気をモダンに設えた内装の環境デザイン。
TAIWAN-2-03
店舗デザインはかなりレベルの高いデザインのお店もあり、
日本の有名店も何軒か入っていました。
TAIWAN-2-04
百貨店内の本屋さんは日本の書籍や雑誌が想像以上にたくさん並んでいました。
建築専門書も日本のものが充実していましたし、ヨーロッパのデザイン雑誌も名古屋の本屋とは比べものもならない程の充実ぶりに驚きました。
TAIWAN-2-05
この本屋の品揃えや店舗の内装デザインを見る限り、今後ますます台湾のデザインレベルは向上すると思います。あとは施工精度がどこまでそれに追いつくかでしょうね。

そして、短い台北滞在に名残り惜しさを感じながらクライアントと一路台中を目指しました。
台湾の新幹線(高鉄)に乗るため、メトロへ。
駅は日本の地下鉄駅とは比べものにならない吹き抜けの広いホーム。
駅の構内もとても綺麗でした。
TAIWAN-2-06
写真は『トークン』という切符の代わりになるコイン。再利用できるところが良いですね。
TAIWAN-2-07
メトロから新幹線(高鉄)へ。
こちらは日本製ということもあって、日本の新幹線とほとんど一緒です。
なので妙に落ち着きました。
TAIWAN-2-08
最後は台中での2年前に手掛けた『Hand iin』の路面店の撮影。
そちらの様子はまた次回。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

TAIWAN 2017-01

先日、二泊三日で台湾へ行ってきました。
目的は昨年、台北の百貨店の中に手掛けた『Hand iin』の半年限定のPOP UP STOREが2月末で終了するため、2年前に手掛けた同じ『Hand iin』の台中のSHOPと合わせて竣工撮影をするためです。
急遽決まったのと、ほぼ自由な時間が無いスケジュールだったので、色々と廻ることは出来ませんでしたが、台湾滞在の様子を何回かに分けて書かせてもらいます。

まずはセントレアから出発。
TAIWAN-1-01

台湾の空港に着いたのは夜。
自由に動けるのはこの日の夜だけなので、急いでホテルへチェックインしましたが、すでに21時。
TAIWAN-1-02

まずはホテル近くにあった、最近東京に出店して大人気のかき氷のお店『ICE MONSTER』へ。
日本からのお客さんも数組来ていました。
TAIWAN-1-03
日本よりも気温が高いので、何とか完食しましたが、一人で食べるのにはかなりの量でした。
ちなみにこの時期はメインのマンゴー果実は無いので、代わりにパイナップルを選んでトッピングです。
TAIWAN-1-04

その後は宿泊はしてないのですが、『W HOTEL』の様子を少しだけ視察。
ラグジュアリーホテルの代名詞ですが、ここはなんだかクラブのような雰囲気でした。
TAIWAN-1-05

そしてやはり台湾と言えば『夜市』へ。
平日だからか、少し人は少なめでしたが、外食が当たり前の台湾は多くの人が食べ物やタピオカジュースを持って歩いていました。
TAIWAN-1-06

遅めの夕食を夜市の一角にあった観光客らしき人は全くいない完全ローカルな食堂へ。
TAIWAN-1-07

オーダーは用紙に自分で記入して店員さんへ。
なんとか漢字の雰囲気で頼んでみました。
TAIWAN-1-08

炒飯と麺、そして青菜炒め。
麺は独特な味で日本のラーメンよりはかなりあっさりなスープでした。
TAIWAN-1-09

もう少し探索してみたかったですが、時間が遅く店も閉まり始めたのと、明日も朝が早いのでここでホテルへもどり今日は終了。
続きはまた次回。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

RECENT DAYS 2017-02

遅くなったのですが、今年も伊勢神宮へ参拝してきました。
天気にも恵まれましたが、いつ来ても気持ち良くなれる環境です。

まずは外宮から。
ise jingu 01

外宮から内宮へ行く途中で最近OPENしたお店『DANDELION CHOCOLATE』へ。
東京のお店はまだ行ってませんが、ここは歴史ある既存建物の空間と新たな仕上げとが融合した素敵なお店でした。
チョコレートをベースにしたドリンクも美味しく、また伊勢に来る楽しみが増えました。
Dandelion 01

Dandelion 02

その後は内宮へ。
ise jingu 02

内宮の板塀のディテール、職人技が素晴らしいです。
ise jingu 03
毎年あげさせて頂いてる御神楽を今年も無事にあげることが出来ました。
ise jingu 04

ise jingu 05
日帰りでゆっくりは出来ませんでしたが、年明けからバタついていたので、良いリフレッシュになりました。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp