WORK FLOW-04(material select)

昨年末に手掛けさせて頂いた『 House in Kiyosu 』が竣工しました。
工事途中をブログで紹介したい思いはありましたが、
日々の業務に追われ、ブログ更新をできておりませんでした。

この住宅の工事の過程を一部ですが、
イクスデザインの仕事の進め方としてここに綴られせてもらいたいと思います。

今回はタイトルのマテリアルセレクト、仕上げ材の選定について少しご説明します。
新築住宅を一軒建てるのには、様々な仕上げ材を選定します。
外壁材、床材、壁材や建具、家具などにもどんな材料を使用するか、
多様な種類になります。
その中でも自然の材料を扱う場合が特に気を使います。
図面の表記だけでは表現できないからです。

House in Kiyosuで使用した材料に『米杉(レッドシダー)』という材料があります。
今回は天井材、建具にその羽目板を使用しております。

House in Kiyosu / iks design
House in Kiyosu / iks design

House in Kiyosu / iks design
House in Kiyosu / iks design

色ムラがり、最近は特に材質の安定が難しくなってきている材料ですが、
とても質感があり、和テイスト、洋テイストどちらにも合うイクスデザインでは住宅でよく使用する材料です。

当初、工務店の方からサンプルを用意し頂いていたのですが、
なかなか良い材料が手に入らず、方々問い合わせをし、良質な材料を探しもとめました。

浜松の材木加工工場へ確認にいったりもしました。

米杉
米杉

最終的には愛知県の材木屋さんで見つけることができました。
最後はお施主さんにも材木屋さんへ同行していただき、ご確認をとり発注となりました。
米杉
米杉

米杉
米杉

写真にもあるように一枚ずつに色ムラや時には一枚の中に赤味と白味が混じりあうこともあり、
さらに柾目、板目と木目の違いもあります。

米杉
米杉

イクスデザインが考えるレッドシダーの綺麗なものは直線が美しい柾目と思っています。
お施主さんにも過去の実例を見て頂き、採用が決定している材料なので、
提案とかけ離れたものを採用するわけにはいきません。
こちらが提案の際に使用した『 House in Okayama 』の写真になります。
この時も、LDKと玄関廻りで色味を調整しています。
House in Okayama / iks design
House in Okayama / iks design
House in Okayama / iks design
House in Okayama / iks design

とは言っても、購入した材料の中でも多少の色ムラがあります。
現場に搬入された材料を開梱した状態です。

米杉
米杉

これを最良の見せ方をする為に、現場に搬入されたレッドシダーの羽目板を一枚一枚選り分けていきました。
貼る箇所毎に色の近いものを集めます。
隣接する箇所、扉の表裏毎に分けていきます。

米杉
米杉

貼られた直後の写真、こだわって良かったと実感し、お施主さんにも喜んでいただけました。

米杉
米杉
米杉
米杉

こうしたこだわりに付き合って下さった現場監督、大工さんには本当に感謝しかありません。

完成してしまうと当たり前のようになってしまいますが、
ひとつひとつ手間は掛かりますが、少しでも良い空間となるよう心がけております。

過去にもいくつかの仕事の進め方を綴っています。
良ければご覧ください。

ディテールについて WORK FLOW-03(DETAIL)
ビフォア/アフター(インテリアデザイン) WORK FLOW-02(BEFORE AFTER)
プランの進め方(インテリアデザイン) WORK FLOW-01

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

ARCHITECTURAL VISIT – CERAMICS PARK MINO-02

岐阜県多治見市にある岐阜県現代陶芸美術館で開催されている、
marimekko SPIRIT 』と『 フィンランド陶芸 』の展示会へ行って来ました。

前回訪れた『 デンマーク・デザイン 』といいデザイン好きの人にはとても良い展覧会を開催してくれる美術館ですね。

それにしても駐車場からのアクセスがかなり距離があります。
ワクワクもしますが、慣れると長すぎる感じもします。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

やはり長い。。。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

写真を撮れるのは『marimekko SPIRIT』のみだったのですが、
個人的には『フィンランド陶芸』の方に興味があり、コレクションの素晴らしさに驚嘆しました。
ARABIAの作家による作品はとても素晴らしい陶芸でした。
最近は日本の作家さんの器ばかり購入していますが、
北欧の器もやはり良いですね。

マリメッコの展示は生地の柄を活かした、カラフルで楽しくなる展示でした。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

作家さんのアイデアスケッチなども展示されていたので、とても興味深かったです。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

茶室があるとは聞いていましたが、これほどまでカラフルな茶室とは思いませんでした。
茶室の概念を壊す勢いです。

marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

ですが中に入るとちょっと目が痛くなる柄ですね。。。
marimekko  SPIRIT
marimekko SPIRIT

展示を見た後は、やはり建物を見てしまいます。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

何も考えずに撮った写真が前回とほぼ同じアングルでした。
個人的にはこの見え方が気に入っています。
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

緑に囲まれた茶室廻りと水盤の石がやはり迫力あって良いですね。

Ceramics Park Mino / Arata Isozaki
Ceramics Park Mino / Arata Isozaki

良い建物は何度来ても良いですね。リフレッシュさせてもらいました。
また良い展覧会があるのを楽しみに。

名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp

本年も宜しくお願い申し上げます 2019年

あけましておめでとうございます。
昨年は多くの現場や設計の機会に恵まれ、慌ただしくもあり充実した一年でした。
今年も様々な計画と共にお施主様、社会への貢献が出来ればと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

イクスデザイン 小林正和
Exif_JPEG_PICTURE
名古屋市を拠点に住宅、店舗、クリニック等の設計を行う『イクスデザイン』
http://www.iks-d.jp